> 活動報告 > 2017年11月 >【足立区】食べる!楽しむ!学ぶ!ベジタベ教室を開催しました。

活動報告

2017年 11月6日

【足立区】食べる!楽しむ!学ぶ!ベジタベ教室を開催しました。

足立区では、区民の健康寿命の延伸に向けて、①野菜を食べやすい環境づくり ②子ども・家庭の良い生活習慣の定着 ③重症化予防対策の3施策から糖尿病対策を進めています。特に、「あだちベジタベライフ~そうだ、野菜を食べよう~」をスローガンに掲げ、個人の健康への関心度によらない、「住んでいれば自ずと健康になれるまちづくり」に取り組んでいます。
6月24日に東京都北足立市場と北足立市場協会、足立区との3者で「食べる!楽しむ!学ぶ!ベジタベ教室」を野菜など青果物の関東の北の玄関口となる東京都北足立市場で実施しました。本講座には、「プロから学ぶ野菜の話」コースと「親子ベジタベ料理教室」コースがあり、併せて50名を超えるたくさんの方が参加しました。
「プロから学ぶ野菜教室」の講師は、テレビでもご活躍されている「八百屋の匠」杉本青果店代表の杉本晃章氏です。夏野菜を中心に、なす、ズッキーニ、きゅうり、トマトなどの特性にあわせ、「ズッキーニはオリーブオイルで焼いて、塩、コショウで食べると美味しい」など、野菜の美味しい食べ方や選び方について、ディスプレイされた野菜を手に取りながら、話していただきました。
「親子ベジタベ料理教室」では、区の栄養士が講師となり、20分で作れる献立に挑戦しました。区の食育サポーターの手ほどきで、子どもたちも上手に野菜を切ることができ、「上手に野菜が切れた!」、「美味しくできた!」、「家でも挑戦したい!」などの声があがりました。調理後は、親子で野菜たっぷりの料理をいただきました。
最後に、ディスプレイとして飾ってあった色とりどりの新鮮な夏野菜がお土産になり、まさに、食べる!楽しむ!学ぶ!の三拍子そろった教室となりました。

【足立区】食べる!楽しむ!学ぶ!ベジタベ教室を開催しました。
【足立区】食べる!楽しむ!学ぶ!ベジタベ教室を開催しました。