> 活動報告 > 2018年06月 >【クラフト株式会社(さくら薬局グループ)】さくら薬局二本松本町店と二本松南店の薬剤師が「第3回市民講座」を開催致しました

活動報告

2018年 6月29日

【クラフト株式会社(さくら薬局グループ)】さくら薬局二本松本町店と二本松南店の薬剤師が「第3回市民講座」を開催致しました

平成30年3月21日(水)、さくら薬局二本松本町店と二本松南店では、地域住民の皆様を対象とした健康イベントに定期的に参加しております。今回、認知症と便秘症について市民講座を開催致しました。

認知症は近年患者数も増えており、患者様のみならず、介護を行うご家族の協力が必要不可欠となります。認知症治療薬の服用は、認知症の進行を抑制するためのものです。それが故に、改善が見られないと服用を中断してしまうケースが少なくありません。進行抑制のためには継続服用が重要であることを十分に知ってもらう必要があります。講義の中では、認知症と年齢による物忘れの違いや認知症の初期症状・周辺症状について説明致しました。簡易な認知機能テストも行っていただきました。治療薬服用の必要性、服薬困難時には剤型・種類変更などの検討もできることを説明致しました。
また、高齢者では生理機能が低下すると便秘症が酷くなり、腸閉塞に繋がることがあります。浣腸や人工肛門になるとQOLの低下に繋がります。食生活の改善や介護者によるマッサージで改善することができれば健康寿命の延長に繋がります。講義の中では、便秘薬の種類や使い分け、症状より頓服の服用が可能なのかどうかを説明致しました。食事療法では、食物繊維にも種類があり、水溶性の果物・海藻類や不溶性の穀物・根菜などの具体例を挙げ説明致しました。便秘に効果のあるとされているツボ押しや、寝たきりの方にも有効な横になった状態や座ったままで行えるマッサージも紹介致しました。

参加者のなかに3名の聴覚障害者の方もおられたので市役所の障害福祉課の手話通訳者の方にご協力頂きました。参加者からは、『認知症の薬はなぜ続けなければいけないか知れてよかった。』『認知機能テストを行い、思ったよりできずにショックだった。』『自分も便秘なので学んだ体操やマッサージを試してみます。』などというお声を頂きました。

今後も地域住民の健康維持を図る薬局として、また認知症サポーターとしても、定期的に地域住民の健康に関わる活動をしていきたいと思います。

【今回の健康イベントに担当した店舗】
■さくら薬局二本松本町店
福島県二本松市本町1-55
(電話)0243-62-3232
■さくら薬局二本松南店
福島県二本松市成田町1-815-3
(電話)0243-22-9555

【クラフト株式会社(さくら薬局グループ)】さくら薬局二本松本町店と二本松南店の薬剤師が「第3回市民講座」を開催致しました
【クラフト株式会社(さくら薬局グループ)】さくら薬局二本松本町店と二本松南店の薬剤師が「第3回市民講座」を開催致しました