> 活動報告 > 2018年09月 >【京都府 精華町】せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」活動報告

活動報告

2018年 9月19日

【京都府 精華町】せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」活動報告

 せいか健康づくりプロジェクトは、健康づくりに関わる活動を、企画から実施、評価に至るまで住民の方が中心となり実施しており、現在6つのプロジェクトが活動しています
 今回は、「いきいき健康ウォーク」メンバーの坂本さんの報告です。
★山の辺の道 新緑の息吹をたどる
 日時:平成30年5月22日(火曜日)
 晴れのち曇り、参加者38名
 3年前は秋に南・山の辺の道を歩きましたが、今回は新緑の北・山の辺を歩きます。
 近鉄新祝園駅で集合し、天理駅へ。
◎準備体操
  駅前広場で準備体操の後、歩き始めました。アーケード商店街をぬけ、天理教本部や宿泊所などの建物が立ち並ぶ前を通り石上神宮(いそのかみじんぐう)に着きました。
 境内に入ると放し飼いの御神鶏(ごしんけい)が出迎えてくれました。暁に時を告げる事から鶏は神の使いとされているそうです。  各自参拝を済ませ、布留川(ふるがわ)の谷に架かる布留の高橋を渡り、山すそを歩いていくと、菖蒲園があります。池の周りに黄色の花菖蒲が少し残っていました。竹林、古墳を通って名阪国道の高架下をくぐり白川ダムに到着しました。大和の山並みが続き、美しい池の景観の中で昼食タイムです。
 その後、虚空蔵山(こくぞうやま)の山あいにある弘仁寺(こうにんじ)を通り、山村町バス停で解散しました。今日は新緑がとても美しく、心地よい汗をかきながら豊かな自然の中をウオークできました。

【今回のコース】
近鉄天理駅 →石上神宮 →布留の高橋 →白川ダム →山村町バス停
歩行距離 約12キロ 約17000歩
 新緑が美しい山の辺の道を歩き、今回も素敵なウォークイベントを行うことができましたね。いきいき健康ウォークの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。

【京都府 精華町】せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」活動報告
【京都府 精華町】せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」活動報告
【京都府 精華町】せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」活動報告