スマート・ライフ・プロジェクト

SEARCH

Smart Life Project活動報告

2019年2月21日

【マルゼン薬局】西三国店 栄養指導報告

マルゼン薬局では常時管理栄養士が勤務しており、患者様の健康をバックアップできるよう、旬のレシピ、疾患別レシピ等を定期的に更新し、生活習慣病の改善や予防に努めて頂けるような取り組みをしております。
 また、お食事でお困りのことがあったり、食生活を改善されたい方には、管理栄養士による栄養相談・指導も実施しております。栄養指導はいつでもご予約いただけます。
 マルゼン薬局本通店では、1月に10件の栄養相談・栄養指導を承りました。
 
指導例)
HbA1cが高い方で、長い間服薬もされていらっしゃる糖尿病の方
以前より栄養指導をさせていただいており、運動面・食事面ともに改善がみられています。現在では食事の際、野菜から食べる事を実践されており、夕食には週に2回、低糖質の宅食をされています。運動面では、ラジオ体操を行っており、毎日8千~1万歩歩いておられます。しかし、炭水化物の量が多めなことから、昼夕食の炭水化物の量を現在より少し減らすこと、間食のせんべいやクッキーを1日おきなどに減らしてみることをご提案。お菓子も甘いものではなく、チーズやゆで卵に置き換えてみてはとお話しさせていただきました。
 
指導例)
脂質異常症でお悩みの方からのご相談
以前より栄養指導している方で、行動目標にしておりました、ご飯の作りすぎに注意することやご飯をまとめて炊く際には小分けにして食べること、運動面では歩くことを継続されていました。患者様からは、食事や運動を改善することで、足の痛みが減り、立っていられる時間も増えたので、調理や運動がより楽しくなったという声もいただきました。また、以前よりも、食事の際は野菜から食べるようになったことや味付けも薄めになったと話していただき、その変化に喜んでおられました。
お話の中で、毎日牛乳を飲んでいるということでしたので、牛乳に含まれるコレステロールを考え、毎朝1杯程度にすることや、毎日の味噌汁は根菜を加え、具だくさんにすることを提案しました。さらに、毎日1時間程度の運動は継続していただくようお話ししました。
 
マルゼン薬局管理栄養士は、患者様とお話しする中で、患者様ご自身が実践しやすいことから食生活の改善についてお話しさせて頂いております。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

関連リンク

  • 厚生労働省
  • 健康日本21
  • e-ヘルスネット
  • がん対策推進企業アクション
  • 保健指導リソースガイド
  • ヘルスケアラボ
  • 喫煙対策
  • FUN+WALK
  • beyoud 2020