> 生活習慣病を知ろう!

健診を活用して、病気の発症・重症化を予防 生活習慣病を知ろう!

がん、循環器疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの生活習慣病は、私たちの医療費の約3割、死亡者数の約6割を占めており、急速に進む高齢化を背景として、その予防は私たちの健康を守るために、大変重要となっています。

また、平成20年度より特定健診・特定保健指導が開始し、メタボリックシンドロームを中心に、自らの健康状態を把握し、生活習慣を改善したいと考える方々が増えています。

本ホームページでは、生活習慣病に関する知見をわかりやすく説明し、生活習慣の改善のための具体的な方法を紹介しています。生活習慣病を正しく理解し、みなさまの健康のお役に立てて下さい。

生活習慣病とは…

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことを指しており、例えば以下のような疾患が含まれるとされています。

食 習 慣: インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高尿酸血症、循環器病(先天性のものを除く)、大腸がん(家族性のものを除く)、歯周病等
運動習慣: インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧症等
喫  煙: 肺扁平上皮がん、循環器病(先天性のものを除く)、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病等
飲  酒: アルコール性肝疾患等

詳しくお知りになりたい方は、1996年12月17 日公衆衛生審議会意見具申「生活習慣に着目した疾病対策の基本的方向性について」をご覧下さい。

日頃から予防する

普段の生活習慣で
病気を寄せつけない!

  • 身体活動・運動
  • 栄養・食生活
  • 飲 酒
  • たばこ

健康寿命を伸ばすための基礎知識です

定期的に振り返る

健診結果は大丈夫?
気になる項目をチェック

  • 肥満・メタボリックシンドローム
  • 血 圧
  • 脂質異常(コレステロールなど)
  • 血糖(糖尿病)

健診結果の意味やからだの状態がわかります

病気について知る

どのような病気なの?
検査や治療の方法は?

  • 脳卒中(脳血管疾患)
  • 心疾患
  • 糖尿病の合併症
  • が ん
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)

それぞれの疾患について解説します

このホームページは、平成25年度厚生労働科学研究費(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)特定健診保健指導における地域診断と保健指導実施効果の包括的な評価および今後の適切な制度運営に向けた課題克服に関する研究(H23‐循環器等(生習)‐一般‐008)(研究代表者 今井博久 国立保健医療科学院 統括研究官)により作成したものです。